散骨日記 - 神奈川・横浜の海の散骨ブログ

  • ブログ
  • 会社概要
海企画
海企画
2017年10月19日 [散骨日記]
おはようございます。晴れ間は昨日一日だけ、今日は朝から激しい雨が降っています。神奈川県、横浜地方は大雨、強風注意報も出ています。またしばらく雨が続くようです。台風21号の動きからも目がはなせません。この先予定している散骨に影響が出そうで心配です。天気予報とにらめっこで、気分が沈んでしまいます。そんな時ふと、「今年の目標」を思い出しました。
今年の目標は、初心に戻り、当社のロゴマーク、、、両手で真心を包み込み支える、、、というこのデザインの通りに、真心を込めて散骨する。という事です。その目標の通り、毎回真心を込め散骨しています。後、今年の目標は散骨をもっと世の中に広めていく事を立てました。まだまだ散骨の事をよくわからないでいる方が大勢います。散骨したいのだけれど、どうしたらよいのか、というお問合せが昨年も多数ありました。そういった方々に散骨の事を教えてさしあげ、実際の散骨のお手伝いをするという事ですが、まずは海企画の存在をもっと知ってもらう事です。お陰様で、お客様の口コミや、葬儀社様からのご紹介などで、ご依頼は昨年より増えております。そして、何よりもお客様に散骨をして良かったと思って頂けて、ご依頼頂いたお客様に再度ご利用して頂けるようにする事です。例えば個人散骨で来られた方が、再度法要クルーズでお越し下さる。などお客様との繋がりを大事にしていきたいと思っております。
長雨が続きますが、準備を怠る事なく、いつでもお客様に喜んで頂ける散骨が出来るように今日もしっかりとがんばっていきます。

2017年10月18日 [散骨日記]
秋雨前線の影響でこの所の横浜は、毎日のように雨で晩秋を通り越し、初冬のような寒さの日もありました。今日は久しぶりの晴れ間です。青空の元気持ちの良い秋本来の陽気となっています。しかし、明日からは再び秋雨前線が活発となり横浜もまた雨が続くようです。台風21号の動きも気になります。
先週は代行散骨のご依頼を頂きまして、ご自宅までご遺骨をお預かりに伺いました。ご遺骨は「ゆうパック」で郵送する事が出来ます。遠方のお客様には郵送して頂いておりますが、神奈川県、東京都は私共が、お客様の元へご遺骨をお預かりに参ります。大切なご遺骨をお預かりするのですから、ご家族も直接会ってというのが安心してくれると思います。その時に散骨当日の事など色々とお話しさせて頂き、ご家族のご希望などもお伺いしております。もちろん、ご遺骨を郵送して頂いた場合も、お客様と電話、メールで細かい打ち合わせをして一抹の不安も残らないようにしております。
今回のご依頼は代行散骨です。ご遺族に代わって私共で散骨させて頂きます。ご家族のご希望で、故人様が住んでおられた横須賀の海での散骨で、お好きだった大福も一緒に撒いてして欲しいとの事でした。個人散骨に限らず、代行散骨でもご遺族のご要望に出来る限りお応え出来るようにしております。

2017年10月12日 [散骨日記]
おはようございます。今日も横浜地方は晴天、日中は季節外れの暑さとなるようです。しかし、この晴天も今日まで、明日から秋雨前線の影響でしばらくこの横浜の空は、雨模様のぐずついた天気となるようです。気温も低めという事で秋がぐっと深まりそうです。季節の変わり目、気温の変動で体調管理には気をつけなければなりません。いつも元気な姿でお客様と接しなければと心掛けております。
さて、秋雨前線がしばらく停滞するという事は、週末に控えた散骨の予定が心配です。多少の雨だけなら出航出来ますが、強い風が吹くと出航は出来ません。ご乗船頂くお客様の安全が第一ですので、決して無理はせずにご家族にご了承頂き延期する事にしております。暑くもなく寒くもなく、これからの季節は散骨のご依頼が増えて参ります。無事に最初の予定を組んだ日に散骨が出来るように祈るのみです。絶好のコンディションの中、散骨はもとより、ご家族には船でのクルージングも楽しんで頂けたらと思っております。母なる大地の大海原は、ご遺族の悲しみを癒して、海上での風は爽やかな空気を運んできてくれるはずです。大自然の持つ不思議なとてつもなく大きな力を感じます。散骨に来られたお客様には、お心を癒して爽やかなお気持ちでお帰り下さるように、願っております。海に還っていった故人様も、きっとそれを望んでいる事でしょう。
週末の散骨に向けて、いつでも出航できるように準備は怠りません。今日もお客様に喜んで頂ける散骨が出来るようにと考えながら、準備に取り掛かります。

2017年10月10日 [散骨日記]
連休初日は悪天候でやもえず散骨を延期と致しましたが、その後2日間は晴天に恵まれて絶好のコンディションで散骨を執り行う事が出来ました。連休と言う事もあり、神奈川、横浜の海上は、レジャーボートや釣り船が数多く出ておりました。散骨する際にはルール―とマナーを守らなければなりません。皆さんが楽しく遊んでいる近くや、漁場の近く、海上交通の要所は避けて迷惑のかからない場所で散骨をしなけらばなりません。法律で決まっているわけではありませんが、周りに不快感を与えないように配慮する事が大切です。昨日も近くでプレジャーボートが遊んでいたので、その辺りを避けて散骨致しました。いくら散骨が神聖な儀式とはいえやはりお互いにいい気持ちはしないでしよう.マナーの問題ですよね。しかし、なんだかんだ言っても海はとてつもなく広いです。大海原にでると、さほど気にするほど周りに船は見当たらなくなっています。果てしなく続く海に私達の船だけというのも多々あります。母なる大地という言葉がぴったりの海に包まれているかのような気分になります。母なる大地の海に還った故人様はこれからはこの大海原でご家族を見守り続けてくれるでしょう。
今回、散骨をされたご家族達の皆様は、海の近くに住んでおられたり、海に携わる仕事をなさっておられる方々ばかりでした。横浜の海とは縁が深く、散骨した事によってより一層、海を身近に感じる事でしょう。散骨をして本当に良かったと言っておられました。今回もお客様に喜んで頂ける散骨のお手伝いが出来て何よりでした。連休散骨

2017年10月07日 [散骨日記]
ここ2〜3日と一気に秋が深まった涼しい陽気となってきています。昨日の夕方から降り始めた雨は午前中には止みましたが、風、波とも強い状態ですので、今日の散骨は延期とさせて頂きました。何度もお話ししている事ですが、船は風の影響を最も受けます。多少の雨だけなら出航出来ますが、強い風が吹くと出航は出来ません。ご乗船頂くお客様の安全が第一ですので、決して無理はせずにご家族にご了承頂き延期する事にしております。明日、明後日は秋晴れで、波、風とも申し分のない良いコンディションです。絶好のコンディションの中、散骨はもとより、ご家族には船でのクルージングも楽しんで頂けたらと思っております。母なる大地の大海原は、ご遺族の悲しみを癒して、海上での風は爽やかな空気を運んできてくれるはずです。大自然の持つ不思議なとてつもなく大きな力を感じます。散骨に来られたお客様には、お心を癒して爽やかなお気持ちでお帰り下さるように、願っております。海に還っていった故人様も、きっとそれを望んでいる事でしょう。明日、明後日に向けて、一つ一つ丁寧に真心を込めて取り組んで、心に残る散骨のお手伝いをさせて頂きます。

2017年10月04日 [散骨日記]
今日は風もひんやりと、すっかり秋らしい陽気となっています。今日は中秋の名月、予報では神奈川県は午後からは晴れてきて、お月見も出来そうとの事でしたが、まだ空は雲に覆われております。夜にはすっきりと雲も取れて月が見れると良いのですが。
さて、先週の週末は土、日とも天気に恵まれて予定通りに散骨を行う事ができました。両日共に波、風とも穏やか、気温も高めという抜群のコンディションでした。ご家族の皆様は、デッキに出られて海を眺められたり。室内でお茶を飲みながらご歓談など、それぞれにリラックスされて過ごされておられました。偶然にも土、日の両方の故人様は生前は海でのお仕事をなさっていたとの事です。そのせいかご家族の皆様は海や船に慣れておられるようでした。聞けば休みの日はご家族で海に遊びに出かけたり、船でのクルージングも楽しまれていたようです。そういった流れで自然と散骨という形になったと言っておられました。ご家族の皆様は改めて壮大な海に魅了されて海に還っていった故人様を偲んでおられました。母なる大地の海に還られた故人様はきっと皆様をこの海で見守り続けてくれる事でしょう。今回の散骨でもお客様に大変喜んで頂けて、お礼の言葉まで頂き嬉しい限りです。また次回もお客様にご満足して頂き、喜んで頂ける散骨を目指してがんばります。
今晩、お月見が出来たら月に海企画の事を、お客様に愛される会社繁栄を願うつもりです。

2017年09月28日 [散骨日記]
今朝は激しい雨の音で目が覚めました。神奈川県、特に三浦、横須賀方面はまれにみる大雨で冠水や土砂災害などの被害があったようです。大雨も昼前には上がりましたが、神奈川県には大雨、洪水、雷注意報とまだ出ており、油断できない空模様になっています。波も高く、北寄りの風も強く吹いており、今日はとても船の出せる状況ではありません。幸い 散骨の予定は組んでいなかったので、ほっとしております。明日には天気も回復して、週末の散骨には問題なさそうです。
本日は散骨するご家族の元にご遺骨をお預かりに出向きました。ご遺骨は「ゆうパック」で郵送する事が出来ます。遠方のお客様には郵送して頂いておりますが、神奈川県、東京都は私共が、お客様の元へご遺骨をお預かりに参ります。大切なご遺骨をお預かりするのですから、ご家族も直接会ってというのが安心してくれると思います。その時に散骨当日の事など色々とお話しさせて頂き、ご家族のご希望などもお伺いしております。もちろん、ご遺骨を郵送して頂いた場合も、お客様と電話、メールで細かい打ち合わせをして一抹の不安も残らないようにしております。ご遺骨を受け取ると毎回身の引き締まる思いです。ご遺骨は当社にて粉骨致しまして、散骨当日までお預かりしております。

2017年09月27日 [散骨日記]
先週は相模湾沖で散骨を執り行いました。晴天に恵まれて、波、風とも穏やかな絶好のコンディションでした。海上からの秋風が心地よくクルージングも十分に楽しんで頂けたようです。ご家族3人でのご乗船で奥様の弟さんの散骨でした。奥様のお兄様も亡くなられており散骨したかったのだが、昔は散骨する人も散骨の会社もなかったと、言っておられました。確かに、ここ数年で散骨する人が断然と増えてきています。それと同時に私達のような散骨業者も増えて来ています。この業界も競争が激しくなってきています。海企画は海企画らしく、1つ1つ丁寧に真心を込めて、お客様に寄り添い散骨のお手伝いをしていくまでです。
今週末の散骨も天気は安定していて、波,風の心配は今の所大丈夫そうです。大切な存在を亡くされて残された家族は深い悲しみに包まれてしまいます。そんなご家族の心に寄り添いどのような散骨をしたら良いのかを考えます。散骨する事によって少しでもご家族の気持ちが、安らかになるように、散骨して良かったと心から言ってもらえるようにと、そんな願いを込めて準備にとりかかっております。少しでも心が癒されるように心込めて散骨のお手伝いをさせて頂きます。真心を込めて、お客様に満足して頂けて、散骨して良かったと思って頂けるように誠心誠意、務めさせて頂きます。相模湾散骨

2017年09月20日 [散骨日記]
本日は相模湾沖で散骨を予定していましたが、強風の為に延期させて頂きました。2〜3日前から神奈川県には風が強くなる予報が出ていました。良い方に予報が変わってくれればと願っていましたが、残念ながら予報は変わらず今朝から横浜、三浦、湘南地方と強風注意報も出ており出航する事が出来ませんでした。ご家族には晴天の元、良いコンディションで心に残る散骨をしてもらいたいと願っております。
今日は秋のお彼岸の入りですね。お彼岸とは、春分の日と秋分の日を中日とし、その前後各3日を合わせてた7日間をいいます。今日は彼岸の入りで中日の秋分の日20日(土)、来週の26日(火)が彼岸明けとなります。お彼岸の中日である春分の日と秋分の日は日付けで決まっているわけではないので、お彼岸の日付けが毎年同じというわけではありません。日本ではお彼岸にお墓参りをするというのは一般的ですが、そのような文化があるのは日本だけのようです。元々、農耕民族だった日本人は、仏教が伝来する前から先祖供養と自然に感謝する習慣がありました。春には1年の豊作を願い、秋には太陽とご先祖様に収穫を感謝するという意味合いが春分の日、秋分の日に込められているのでしょう。自然への信仰と先祖供養が仏教の教えと結びつき、春分の日、秋分の日を中心にご先祖様の供養をお彼岸に行うようになったといわれています。
忙しさにかこつけて最近は墓参りに行けていませんでしたので、お彼岸の期間中には是非とも墓参りをしてご先祖様に手を合わせてくるつもりです。そして、海企画がお客様に喜んで頂ける、海企画に頼んで良かったと言ってもらえる会社でいられるようにと、願います。

2017年09月18日 [散骨日記]
週末3連休は台風18号の影響で予定していた散骨を全て延期と致しました。3連休と言う事もあり多数の散骨を承っていたのですが、残念ながら出航する事は出来ませんでした。9月に入り秋雨前線の活動が活発になってきたり、台風の出現もこれからも多数あるかと思います。神奈川の海が穏やかで、散骨に無事に出航出来るように日々気をもんでおります。お客様の安全が第一ですが、やはり最初に決めた日時に出航させたいです。
連休最終日の本日は台風一過の青空ですが、高波と強風で海上は大荒れです。もちろん出航する事は出来ないので船の点検へとマリーナに足を運びました、台風に備えていつものように増やしておいたもやいを「船を繋いでおくロープ」を元に戻し、船回りも点検して最後に隅々まで掃除をして終わらせました。今日は日差しも強く気温が上昇して真夏に戻ったような暑さでした。昨日までが涼しかったので体に応えます。ここしばらくは暑さと晴天が続くようです。
明後日は個人散骨を承っております。神奈川県のこの強風と高波は明日はもう平常に戻ります。しかし、明後日には再び強風の予報がでており気をもんでおります。良い方に予報が変わると良いのですが。。。心配です。
夏休みも終わり、9月に入ると平日の海上はレジャーボートなども少なくなり大海原を満喫して頂けると思います。これからの季節は暑くもなく、寒くもなく、散骨には最も適した季節となります。お問合せ、ご依頼等も増えてきております。爽やかな秋風の元で心に残る散骨のお手伝いをしていきたいです。

このページの先頭に戻る

海企画