2017年08月 - 神奈川・横浜の海の散骨ブログ

  • ブログ
  • 会社概要
海企画
海企画
2017年08月30日 [散骨日記]
心配していた台風15号の影響が明日から出始め、予定している散骨に影響が出そうです。大型で動きが遅い為に、神奈川の海では3日の日曜日辺りまで影響が残るかもしれません。予報では明日から10メートル前後の強風が吹き荒れます。波も4メートル近いうねりがあるようです。昨日もそうでしたが、そうなると出航する事は出来ません。散骨延期となると、お客様にはご迷惑をお掛けしますが安全第一なので、ご理解を頂き、再度散骨を行う予定でいます。
今日はマリーナに行き明日からの台風の備えて、もやい(船を繋いでいるロープ)を厳重にしてきました。昨日は強風でしたが、今日はまだ台風の影響もでておらず、さほど強い風は吹いておりませんでした。残暑が厳しくその分暑さがこたえました。少し動くと汗がびっしょりです。同じ暑さでも船の上では心地の良さを感じるのですが、地上ではこうも不快なものとなります。もやいの作業の後に、エアコン、冷蔵庫の温度チェックなどをして、室内の掃除を終わらせて、マリーナを後にしました。
明後日から週末にかけて、このままの状態だと散骨延期はやむおえません。しかし、一応準備だけはきちんと怠る事のないようにしておきます。もしかしたら台風がそれてくれて、神奈川の海には影響がないような。。出航が出来るような。。そんな事を考え願いながら準備に取り掛かっておりました。

2017年08月29日 [散骨日記]
本日は法要クルーズを予定しておりましたが、朝からの強風の為に延期致しました。2〜3日前から風の強い予報が出ていたので心配しており、なんとか良い方に予報も変わってくれればと願いましたが、やはり出航する事は出来ませんでした。平均8メートル〜10メートルの強風で、横浜地方には強風注意報も出ておりました。やむを得ず安全のために延期致しました。
今日の法要クルーズは、昨年散骨して頂いたご家族で、ご夫婦とお父様です。とても明るい楽しいご家族で本日お会いできるのをとても楽しみにしておりました。ご夫婦は東京にお住まいですが、お父様は大阪からいらっしゃいます。今度いつこちらに来られるかわかりません。出来れば本当は出航したかったです。ギリギリまで判断に悩みました。しかし、やはりどんな事情があろうと無理に出航は出来ません。安全が第一です。何かあってからでは遅いのです。私の判断は正しかったと信じております。
台風15号が発生して神奈川の海にも影響がありそうです。風も明後日あたりから10メートル前後の強い予報となっています。3日後の金曜日に個人散骨を承っております。今の状況では出航は難しいです。台風の動きで予報もがらっと変わりますので、なんとか影響がないようにすめば良いのですが、願うのみです。8月も終わりが近ずき、もうすぐ9月となります。こらから秋雨前線や、台風もまだまだ発生するでしょう。頭の痛い日々が続きそうです。

2017年08月24日 [散骨日記]
お盆の頃のぐずついた天気と涼しさで、このまま夏が終わってしまうかと思いきや猛暑復活となってきています。昨日は天気、波、風とも申し分のない絶好のコンディションで散骨する事が出来ました。青空の元での出航は久しぶりです。今回の散骨ポイントは横須賀猿島沖です。横須賀にご住まいのご家族は、やはり地元、神奈川の海、横須賀沖にと散骨を望まれました。横須賀で生まれ育ったご家族のお爺様、故人様は慣れ親しんだ地元横須賀の海へと還られて行かれました。残されたご家族も、身近な海に散骨する事によって、より一層に故人様を身近に感じる事でしょう。
平日の昨日は、多数のレジャーボートや釣り船は出ていませんでしたが、それでも何隻かの釣り船に遭遇致しました。故人様も大の釣り好きで、よくこの辺りの海で釣りをなされてたようです。時には、息子さん、お孫さんを引き連れて親子3代で楽しまれてたそうです。お爺様が病に倒れてからは釣りをする事は、ほとんどなくなったようですが、これを機会にお爺様の眠る海で、また釣りをしたいと言っておられました。きっとお爺様も喜んでくれてる事でしょう。船を走らせていると沢山の鳥山がありました。鳥山とは、海上に集まる魚を目当てに鳥が集まる場所を言います。この付近では良く釣れると言われています。きっと釣り好きのお爺様が呼び寄せて楽しんでおられるのではないでしょうか。
強い日差しと共に少々日焼けをしたご家族は、海に散骨出来て良かったと帰られて行かれました。今回もご家族に喜んで頂ける散骨が出来て何よりでした。神奈川の海

2017年08月20日 [散骨日記]
長い人では10日というお盆休みも今日で最終日です。今年のお盆休みは天気に恵まれずに梅雨のような日々でした。しかし、雨の割には強風になることはなく、雨の止んでいるタイミングでうまい具合に出航出来ました。昨夜の横浜地方は激しい雷雨となりましたが、昼間は気温も上がり、久しぶりの青空となりました。今日も曇りがちですが、雨が降ることはなく、この週末に予定していた散骨を全て執り行う事が出来ました。最近の散骨場所は横浜沖がおおいようです。やはり、夏なのでクルージングも楽しみたいという事でしょうか。横浜のシンボル、ベイブリッジをくぐり抜けて、海上から見る、みなとみらいの景色は格別です。本日も横浜沖で散骨を致しまして、みなとみらい方面を回って帰ってきました。ご家族の皆様はとても喜んで下さり、カメラを片手に撮影に大忙しでした。今日は撮影的にはもう少し青空が出ていれば申し分なかったのですが、クルージングをするには、照り付ける日差しもなく丁度よい爽快なクルージングでした。お盆休みの最後の週末なのに天気が安定していないせいか、レジャーボートや釣り船などは少なめでした。散骨終了後、お客様をお見送りして、事務所に戻り今日は早めの帰宅予定です。今週半ば、週末とで散骨、法要クルーズと控えております。週の半ばには天気も安定して晴れる日が多くなるようです。散骨、法要クルーズとも絶好のコンディションで行いたいものです。今日はゆっくりと休んで、明日からまた準備に取り掛かります!横浜散骨

2017年08月16日 [散骨日記]
今日も雨です。「よく降りますね。」最近の挨拶変わりになっています。8月に入り40年ぶりと言うこの長雨で、各方面の方々も困り果てている事でしょう。私達のように海に携わる船舶の仕事もそうですが、海水浴場、プールなど、この雨では閑古鳥ですよね。ビアガーデンやバーべキュー場などのレジャー施設もお手上げでしょう。そして、何よりも、この長雨の影響で日照不足になり食物が育たずに苦労している農家の方々は切実な問題でしょう。野菜の高騰にも繋がり大変な事です。この雨はいったいいつまで続くのでしょうか。今年は梅雨時には余り雨が降らずに今になって「戻り梅雨」と言う感じです。
今日は風も強めに吹いており、雨も激しく降っておりますので、予定していた散骨を延期と致しました。小雨程度なら出航致しますが、今日のようなしっかりとした雨だと延期せざるを得ません。やはり前回、散骨にお越し頂いたご家族のように、クルージングを楽しんで頂き、海の爽快さも味わってもらいたいのです。しかし何よりもお客様の安全が一番だからです。この週末にかけても雨が続きそうですが何とか回復して、予定している散骨を行いたいものです。
こらからお客様の元へご遺骨をお預かりに向かいます。お盆をご家族の元で過ごした後の今日のお預かりです。大切なご遺骨をお預かりするのですから毎回身の引き締まる思いです。ご遺骨は当社で粉骨致しまして、散骨当日まで大切に保管させて頂いてます。

2017年08月15日 [散骨日記]
夏の日差しは何処へ行ってしまったのでしょうか。今日のどんより曇り空、時折雨もパラつく涼しい一日となっております。
昨日は横浜沖で個人散骨を行いました。前回に延期をしているご家族なので今回は是非ともと願っておりました。その願いが通じたのでしょうか。予報では雨マークが付いていましたが、雨に降られたのは帰路のほんの数分でした。時間を追うごとに雨が降ると予想し、ご家族には早めにお越し下さるようにして頂き出航致しました。ダンディーな素敵な旦那様に陽気な明るい奥様、そしてお子様との乗船でした。旦那様には、お清めの小さなビーズのような玉を頂き、また、故人様が海の中で暗くならないようにと専門の明るく照らすものをお持ちになられるなど、私共も勉強になりました。散骨終了後は横浜港、みなとみらい方面に船を走らせてクルージングと共に、横浜の風景を楽しんで頂きました。旦那様はフライブリッジで、船ならではの爽快さを感じて頂けて、奥様は音楽に合わせてノリノリにと、楽しんでいらっしゃいました。クルージングを心から楽しんで頂けてるというのが、ひしひしと伝わってきて、私共も一緒に楽しい一時を過ごさせて頂きました。下船の際にはお別れするのが、寂しいような、もっとおしゃべりしていたいようなそんな気持ちになりました。
「一期一会」素敵な出会いでした。散骨

2017年08月07日 [散骨日記]
台風5号の影響で神奈川県も風雨とも強くなってまいりました。明日は雨は昼前には止むみたいですが、一日を通して風速15メートル前後の強風が吹き荒れる見込みです。この強風は明後日頃まで続きそうです。もちろんこんな状態では出航は危険です。幸い週末までは散骨の予定を入れていないので安心しています。この強風も週末には落ち着いてくれるでしょう。天気も晴れが続き良い気象条件の中散骨を行う事ができそうです。
今日はマリーナに行き台風の備えてもやい(船を繋いでいるロープ)を増やして厳重にしてきました。その他色々と点検等もしてきました。台風前のなんとも言えない蒸し暑さで、とても心地よいとは言えぬ汗をびっしょりとかいてきました。このような蒸し暑さでも、船を走らせた海上だと爽快なものですが、地上ではそうはいきません。不快な暑さと闘いながら作業を行いました。
今週金曜日の「山の日」を入れて週末から、世間はお盆休みに入ります。長い方では次の週末までの10日間お休みと聞きます。もちろん「海企画」は休まずに営業しております。皆様のお休みの夏のこの時期が一番忙しいかもしれません。個人散骨、法要クルーズと数々のご予約を頂いております。一つ一つ丁寧に真心を込めてお手伝いをさせて頂きます。この先、台風など発生しないように、無事に出航する事が出来るように念じながら、準備に取り掛かっています。

2017年08月06日 [散骨日記]
8月に入り台風5号の間接的な影響でぐずついた天気が続いていましたが、昨日、今日と晴れ間が戻り酷暑となっています。しかし地上は暑くとも海上に出ると、海から吹く風が爽快で心地よさを感じます。天気も良く休日ともなると、海上はレジャーボートや釣り船が数多くでております。散骨する際にはルール―とマナーを守らなければなりません。皆さんが楽しく遊んでいる近くや、漁場の近く、海上交通の要所は避けて迷惑のかからない場所で散骨をしなけらばなりません。法律で決まっているわけではありませんが、周りに不快感を与えないように配慮する事が大切です。今回も近くでプレジャーボートが遊んでいたので、その辺りを避けて散骨致しました。いくら散骨が神聖な儀式とはいえやはりお互いにいい気持ちはしないでしよう。マナーの問題ですよね。これからお盆休みに向けてどんどん船も増えてきます。より一層周りに気を配っていかなければなりません。しかし、なんだかんだ言っても海はとてつもなく広いです。大海原にでると、さほど気にするほど周りに船は見当たらなくなっています。果てしなく続く海に私達の船だけというのも多々あります。母なる大地という言葉がぴったりの海に包まれているかのような気分になります。この2日間で予定していた散骨を無事に終わらす事が出来ました。心なしか日焼けしたご家族達が船は気持ちが良いと、散骨して良かったと言って下さいました。今回もご家族に喜んで頂けて大変嬉しく思います。また次回もスタッフ一同、力を合わせて心に残る散骨のお手伝いをさせて頂きます。

2017年08月02日 [散骨日記]
8月に入り昨日は午後からの豪雨で神奈川県各地で、大雨洪水警報、並びに土砂災害警戒情報が発令し避難勧告まで出る有様でした。今日は雨も上がり北東からの風で涼しくしのぎやすくなっています。
本日は散骨するご家族の元にご遺骨をお預かりに出向きました。ご遺骨は「ゆうパック」で郵送する事が出来ます。遠方のお客様には郵送して頂いておりますが、神奈川県、東京都は私共が、お客様の元へご遺骨をお預かりに参ります。大切なご遺骨をお預かりするのですから、ご家族も直接会ってというのが安心してくれると思います。その時に散骨当日の事など色々とお話しさせて頂き、ご家族のご希望などもお伺いしております。もちろん、ご遺骨を郵送して頂いた場合も、お客様と電話、メールで細かい打ち合わせをして一抹の不安も残らないようにしております。本日ご遺骨をお預かりに伺ったのは、東京のスカイツリーが良く見える下町情緒の残る住宅街のお宅でした。ご依頼頂いたご主人様は東京生まれの東京育ちの「江戸っ子」でしたが、亡くなられた奥様は横浜生まれの横浜で育った「浜っ子」でした。横浜の海が大好きで、よく二人でデートをしていた故郷の横浜の海に散骨されたいというお話でした。ご主人様のお話しから奥様への愛情がひしひしと伝わってまいります。まだ奥様をなくさられた悲しみを抱えていらっしゃいます。奥様の望まれた横浜の海に散骨する事によって少しでもお心が晴れるように、心に残る散骨が出来るように、精一杯お手伝いさせて頂きます。ご遺骨お預かり

このページの先頭に戻る

海企画